2016/06/23

パネットーネ&グラニータ

 南イタリアで近年勢いのあるパティスリー・FIASCONARO(フィアスコナーロ)がおススメする夏のドルチェはこちら!!
Panettone con granita sotto l'ombrelloneより
『パネットーネ&グラニータ』
 グラニータ=Granitaはシャーベットのことです。暑い日にピッタリのドルチェ!!

 Nicola(二コラ)の息子・イケメンパティシエMario(マリオ)が実際にお皿を仕上げている写真付きでのインタビュー記事が載っています。  
Mario Fiasconaro
マリオは父・二コラと一緒にイベントに参加したり、テレビ・新聞などへの露出が最近増えてきています。インタビュー記事で「好きなドルチェ」を尋ねられてますが、「味はカンノーロが好きだけど、作るのはパネットーネ」と答えていました。理由は、「パネットーネは工程が非常に複雑なドルチェだから。」

 そんなマルコが用意している『パネットーネ&グラニータ』ですが、意外とお手軽です。 

 キューブ状にカットしたパネットーネをグラニータ(シャーベット)に添えて楽しむ!!

 パネットーネは焼き色がつくまでカリカリにトースターで焼くと、冷たいグラニータと熱いパネットーネの温度差を楽しめる一皿になります。
 グラニータも手作りしたい方は、配分は以下の通りです。

・水 300g
・オレンジ果汁 300g
・砂糖 150g

 以上3つを混ぜて固めて砕いて滑らかにすればグラニータが出来上がるそうです。
 実際に作ってみようと思いますので、いずれブログにアップさせていただきます。

 パネットーネはそのままで充分に美味しいのですが、食感をカリカリにさせるのもまた面白いですね。開封してうっかりラップし忘れてパサついてしまったパネットーネ等はこういったアレンジをして食べるのもおススメです!!


ピエナ


↓しゃりしゃり活動中↓
online-store:https://piena-co.stores.jp/#!/
Instagram:https://www.instagram.com/piena_co/ 


0 件のコメント:

コメントを投稿