2016/03/17

生産者の名言シリーズ①

 日本でもメーカー・企業のCM・広告のキャッチコピーなどがありますが、イタリアの生産者も様々なキャッチコピーなどをHPやSNSに載せています。
 ピエナが取引をしている生産者も数々の名言をアップしているので、ちょっとずつご紹介させていただきます。
*いい感じの日本語に訳せないので原文載せてます。筆者なりの意訳・解釈で補足してます。

 トップバッターはMauro Morandin(マウロ・モランディン)

Se fossero tutti uguali
non sarebbero artigianali.

 「全て同じものだったら、手作りのモノじゃないだろ」と言う意味合いのフレーズです。イタリア商品のパッケージには“artigianale”(アルティジャナーレ)と書かれていることがあります。これは職人さんたちが手がけたのモノ、手作りのモノを示しています。
 マウロさんのパネットーネ、チョコレート、その他のお菓子は全て手作りですのでやはり一つ一つ違うのが当たり前です。でも工場で大量生産されている見た目が綺麗で品質が均一な物に慣れてしまっている現代人にとっては、「違うこと=欠陥品」と思われることも多々あります。
 それって違いますよね。職人がこだわりを持って手がけるモノは全てがたった一つのモノだという、大切なことを思い出させてくれるフレーズです。パネットーネのパッケージに書いてあるんですよ~。

 お次はSiGi(シジ)

The real food shows the ingredients.

 なぜか英語ですが…すっごくシンプルです。「素材が命」と同じ考えを表現しているフレーズだと思います。自家農園でフルーツを栽培するところから行っている、シジらしいフレーズ。

 続いてURSINI(ウルシーニ)より


"Chi lavora con le sue mani è un lavoratore.
Chi lavora con le sue mani e la sua testa è un artigiano.
Chi lavora con le sue mani e la sua testa ed il suo cuore è un artista."


 ちょっと長いのですが…「自分の手で仕事をするのは労働者、手と頭で仕事をするのは職人、手と頭と心で仕事をするのはアーティスト」というようなお言葉。色々と考えさせられます。

 番外編ですが、このブログで何度も取り上げている

Panettone Tutto l'Anno

も素敵なキャッチコピーですよね。
 今までの「パネットーネはクリスマス」という固定観念を崩されます。個人的に「いつでもパネットーネ」と訳すのが好きですが、直訳は「一年中パネットーネ」です。

 各生産者の名言を見ると、その生産者の商品に対する想いがよくわかります。何を大切にして作っているのか、何を見て食べてほしいのか、などなど…ただ食べるだけではなく、生産者の想いも受け取っていただけると幸いです。 



ピエナ




↓こそこそ活動中↓
online-store:https://piena-co.stores.jp/#!/
HP:http://piena-co.com/
 

0 件のコメント:

コメントを投稿