2015/05/15

マンナのお話

今回はトロンチーニに練りこまれている「Manna(マンナ)」をご紹介。
トロンチーニについてはこちらをどうぞ↓

結構長いです。

では早速。

写真の右手前にある白いスティック状のものが、「マンナ」です。
ホワイトチョコレートのお菓子のようにも見えますが、実は樹液のかたまり





ピエナが取り扱うFIASCONARO社のトロンチーニにはこの「マンナ」が、天然の甘味料として練りこまれています。
日本ではまだまだ珍しい、使われている食品が少ない、貴重な存在です。


「マンナ」マンナトネリコという樹木から採取することができます。
この木が属するトネリコ属の樹木は約65種にも及びますが、そのうち3種類からのみ「マンナ」が採取できるそうです。

栽培エリアはイタリアの中でもシチリアのみ‼
図のオレンジ色の丸で塗りつぶしてある地域が栽培エリアに当たります。
Castelbuono、Pollina、Cefalu`という町がありますが、250ヘクタールぐらいの栽培面積だそうです。
(ちなみに東京ドーム約53個分、千葉県のマザー牧場と同じくらいの広さ)

限られた土地でしか採取できず、伝統的な器具を使った採取方法を行い続けていることから、「マンナ」はイタリアの伝統的な食材として国から認められていたり、イタリアスローフード協会のil Presidio di Slow Food(*)にも加えられています。

(*プレシディオ・ディ・スロー・フード:小規模生産者の生産物・生産方法を守るために立ち上げられた企画です。日本の物だと長崎県の「雲仙こぶ高菜」のみ登録されています。厳格な生産基準等が定められているため、申請すれば誰でも何でも登録可能なわけではありません。)

冒頭で「マンナ」は樹液だと紹介しましたが、写真をご覧ください。
Manna da orniello
↑wikipediaより
なんとも不思議。

↑マンナについて書かれているサイトil frassinoより
鍾乳やつららのように白い樹液が流れています。
「mannaruolu(マンナルオール)(*写真のd)という特殊な鎌のような器具で樹皮に切り口をいれると、そこから滴ってくるのです。

初めはうっすらと水色がかった透明な液体で、その状態では苦いそうです。
しかし、空気に触れることにより白く凝固し、さらに甘くなります。
このつららのようなスティック状に固まったものが、「La Manna Cannolo(マンナ・カンノーロ)と呼ばれる上物の「マンナ」です。

ちなみに「マンナ」は採取方法によって3つのタイプに分類されます。

La Manna Cannoloスティック状になった樹液をカットして採取した上物

La Manna Rottame樹木に張り付いて固まった樹液を削ったり、剥いだりして採取した物

La Manna in sorte木の根元まで流れた樹液をサボテンの茎などを使って採取した物

「マンナ」を採取するのは通常7月~9月がよいとされています。
多くの農作物と同じく、採取に適した気候があるんですね。


続きまして成分について。


「マンナ」が持つ成分はその採取方法や土壌などの環境、マンナトネリコの樹齢等によって変化するようですが、マンニトール(マンナトネリコの樹液から発見・命名された、糖アルコールの一種)やブドウ糖、果糖、ミネラル成分、またビタミンや酵素も含まれています。

甘味料として使われる場合が多いのですが、その豊富な栄養素をビタミン剤として利用したり、緩下剤として服用することもあるそうです。
そういった意味合いで、「マンナ」は医療やコスメ業界からも注目を浴びているみたいですね。


「マンナ」がどんなものか少し知っていただけたでしょうか?


ピエナ(筆者)「マンナ」そのものを食べたことも見たこともないのですが、FIASCONARO社のトロンチーニが他のメーカーの物と味が全然違うところを考えると、甘味料としてすばらしい力を持っているのだと思います。
いつかシチリアに行ってお目にかかりたいです。

皆さまもぜひFIASCONARO社のお菓子から、「マンナ」のやさしい甘みをお楽しみください♪


最後になりましたが今回参考にさせていただいたサイトのご紹介。
特に【il frassino】は写真も豊富ですので、ご興味のある方は覗いてみてください。
*全てイタリア語のサイトにリンクしています 

il frassino:マンナに関してかなり詳しく掲載されてます。
Buonissimo:イタリアの食に関するサイトです。レシピも豊富。
Slow Food:イタリアのスローフード協会のマンナのページにとびます。


ピエナ


↓みっちり活動中↓
online-store:https://piena-co.stores.jp/#!/
HP:http://piena-co.com/

0 件のコメント:

コメントを投稿